夢想。揺れる稲穂に。

夕暮れが何かを告げたように思えた。

でもそれは色のない微風だったから

僕には知る由もなかった。

銀座の裏通りの一角で

あの灯りの下で佇んでいた老人は

今頃どうしているだろう。

その老人を冷たく包み込む

夜の語りのようなものに

僕は自らの運命を投射してみた。

新しい季節が開く

たとえ白い月が呼んでいようとも

僕はそこへは辿りつけないだろう

歩みは遅々にして進まない。

そんなときは広大で黄金色に揺れる稲穂を想う。

そこには様々な色鮮やかな風が吹いていることだろう。

確実に過ぎゆく季節のあるひとつの場面に出会ったときに

涙ぐむほどの心情が残っていたら幸せだ。

コメントを残す