根岸ステークス2017調教考察。

府中開催での最初の重賞は根岸S。1着馬にはフェブラリーSへの優先出走権が与えられる。つまり賞金不足で除外確実な格下馬でも勝てば出走が叶う。ダートの上級条件では重賞実績が必須だが、2013年のメイショウマシュウのように勢いで勝ってしまうこともあり、今年は前走勝利もしくは惜敗+本番賞金不足の馬の中で、期待値の高そうな馬をピックアップしよう。

カフジテイク
栗東坂路:53.6-39.1-25.2-12.6 仕掛

ブルミラコロ
栗東坂路:52.6-38.2-24.6-12.1 仕掛

エイシンバッケン
栗東坂路:53.4-38.2-24.7-12.6 末一杯

カフジテイクは人気になりそうな気配があり、展開込みの評価をすると、後方待機馬だけに取りこぼしの可能性も無きにしも非ずで、逃げ脚質であるモンドクラッセやコーリンベリーは押さえておいていいかもしれない。で、一押しはブルミラコロ。2ハロン24秒台で、しまい12.1は優秀だ。馬格もあるし狙ってもいいかもしれない。もう一頭気になるのはエイシンバッケンがやはり24.7-12.6で13秒を切ってきた。ただ問題は脚質で、岩田騎手のスタート直後の位置取りは重要で、人気によってはこれも狙い目が出てくる。

【推奨馬】
ブルミラコロ
エイシンバッケン

☆さらに一押しもう一頭はこちらをクリック!=>特別無料公開!!!

さらに、これ以上の予想ブログが集結しています。ご覧ください

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村
なんとか的中させたい方へ

 

コメントを残す