毎日王冠2017考察。

 いよいよ秋競馬ピークに向けて東京開催がスタートする。今年の毎日王冠はソウルスターリングを巡るレベルの高い争いになりそうだ。凱旋門賞で3歳牝馬のエネイブルが圧勝したことの衝撃から、この日本でも同じ3歳牝馬ソウルスターリングへの古馬牡馬陣を蹴散らす様を見たいという期待感など過剰な反応に拍車がかかりそう。ざっとメンバーを見渡しても休み明けがほとんどを占めるものの、この東京コースが得意な馬が多く、本番天皇賞を意識した走りを買う側も承知しなければいけないが、それは有力馬全体に言えることで、鉄砲が効く効かないというファクタも含めて、最低限中間の状態を念頭に入れた予想は必須だと認識しなければいけない。

 そこで中間の状態を評価できる有力馬を3頭ピックアップしてみた。1週前の追い切りで好時計を出したという点で評価はしやすいし、本番オッズから期待値が高ければ妙味十分な買い目が設定できる。

中間気配評価A:サトノアラジン CWを1200m81秒台で長めで追う。本数も足りている。

中間気配評価A:リアルスティール 坂路で5Fで50秒を切る猛時計でアピール。

中間気配評価A:ヤングマンパワー 南Wを1200m80秒台で終い12秒台前半で追う。

 サトノアラジンは安田記念勝利馬。7番人気での激走だったがもちろん過去の走りを見てみればそれがフロックではないことは自明のことで、凱旋門賞でのサトノ2騎の惨敗からも馬主サイドからも無念の思いから一転国内競馬への力を入れてくることが予想され、天皇賞前哨戦とはいえいきなりの好走の可能性は非常に高いという評価をしたい。

 リアルスティールは走りにムラがあって買い時のタイミングが難しいところ。それでも休み明けは天皇賞2着の実績があるし、中山よりも左回りの府中コースが最適という適性面でのアドバンテージがある。

 ヤングマンパワーは関屋記念4着。恐ろしいほどのスローに泣かされてしまった。マイラーズCの高速馬場での好走もあるだけに開幕週での芝1800mでも軽視はできない。

 ちなみにソウルスターリングは藤澤厩舎で、特殊な調教方法を採用しているため、なかなか表面上の数字では判断できない難しさのある厩舎。ほとんど馬なりでも仕上がっているのか、本数でみていけば十分であるため、休み明けでも能力発揮は必至とみている。無理に消すことはないという評価だが、本命にはしないといっところ。

 さらに、おさえておきたいのは1番人気が濃厚なソウルスターリングの位置取り。逃げ馬はダイワキャグニーと確定してもいいだろう。そのダイワキャグニーの直後にソウルスターリングが位置取ると想定した場合、コース形態からもかなりのスローペースと読める。そのまま行った行ったの競馬になるか、極限の瞬発力勝負で後方待機馬の反抗が機能するかは、やはり休み明けの後方待機馬がどれだけ能力を発揮できるか。私は中間の状態の良い馬は逆に休み明けの方が有利とみている。それだけに最終追い切りよりも重要な中間追い切りの過程に注目し、今回はサトノアラジン、リアルスティール、休み明け以外ではヤングマンパワーを本命候補として有力視しておきたい。
毎日王冠の予想はこちらで↓↓↓↓↓

3連複BOXで的中率重視ならこちら↓↓↓↓↓

コメントを残す